FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
2018年3月2日(金) 学習成果発表会
講評;玉津島寿彦先生

成果1 
 成果2 
成果3

今回を以ってH29年度「醸造を楽しく学ぶ科」のブログを終了と致します。

ブログ委員のメンバー5人が概ね4回ずつ記事を担当し、計20回分の記録を残す事が出来ました。
1年間の講義録(忘備録)として時々開いて頂き、仲間と学んできた知識や体験を思い出す機会になれば幸いです。                            (ブログ委員会)

スポンサーサイト
[2018/03/03 17:04 ] | 学校行事
2018年2月23日(金) 黄桜酒造見学
 講師:北村篤士氏


黄桜1 
黄桜2 
黄桜3’

 黄桜5黄桜6 
黄桜7 
 


[2018/03/01 13:43 ] | 見学
2018年2月9日(金) 白鷹本社の酒蔵見学と利き酒
講師:玉津島寿彦先生

  白鷹4  白鷹5           白鷹3                           
    

   新酒のフレッシュな味を利き酒しながら、鯛めしの入った松花堂弁当を味わい、会話が弾みました。

    しかし、醸造を楽しく学ぶ科の酒蔵見学としては、会食と利き酒の方が主体となった感が有り、
    少し残念でした。

    筆者個人のつぶやきです。

 

以上

[2018/02/14 18:03 ] | 見学
2018年2月2日(金) 社会への参加活動(1班レポート)
班別に社会参加活動を企画・実施

    裁判5
裁判2 
裁判4    
 

     1班のレポート有り難うございました。他の班の「社会貢献活動」の行く先を下表に
     報告致します 。
 


 2班      造幣局
 3班     中央市場
 4班     大阪市立阿倍野防災センター(地震、救急体験)
 5班     大衆演劇
続きを読む
[2018/02/10 09:29 ] | 見学
2018年1月12日(金) 酒と食のマッチング
講師:玉津島寿彦先生
        酒と食のマッチング

   2018112日 新年初めての講座は 講座室と同じ建屋内中2F
  レストランで標記の内容にて実施され、さながら小宴会のような楽しい
  雰囲気で開催されました。

  初めに、玉津島寿彦講師より 本日の主役である3種類の日本酒の由来、
  特徴と これらの酒が和食以外のどのような料理に合うかという話が
  ありました。

  酒と食1 


  ①  塩見のあっさりした辛さの魚介料理→八宝菜(スズキの天ぷらに野菜が入った
薄味のもの)
VS 奥の松酒造 醸侍(じょうじ)大吟醸

原料米:兵庫県産 山田錦 50%精米

日本酒度:+4.5 酸度:1.3 Al17

・オリジナルの自社酵母を使うことで、フルーティーな香りとキレのある、すっきり
とした旨味が人気。上品な味わいは、食膳のオードブルや鮮魚のお刺身でも楽しめる。
やや甘みが強いのは、福島の酒の特長である。

  酒と食23

  ②味噌味の豚肉を使ったこってりした料理→ホイコーロ

  VS 国稀酒造 鬼ころし 本醸造

 原料米:北海道産 きたしずく 65%精米

 日本酒度:+10 酸度:1.5 Al1718

 ・強い辛さが特長ながら、なめらかな味わいは 地元の軟水仕込みの成果。冷酒
 からお燗酒まで、幅広く飲み方を楽しめ、味噌や醤油などの辛い料理、また脂
 ののった魚や肉などに 食中酒としては万能である。

    酒と食4&5

  ③  チーズを使ったパスタやグラタン風の料理→クリームパスタ

  VS 中埜酒造 半田郷 純米酒

  原料米:愛知県産 若水 65%精米

  日本酒度:+3 酸度:1.7 Al15

  ・味の濃醇な三河の酒ながら、重たくない飲み口。お燗酒にすることでコクと
  辛さが調和し、 バランスのいい食中酒として楽しめる。酸度
+1.7と高い
  ので、中華料理など脂の濃いメニュー、イタリアンなどのチーズを使った
  料理にも合わせられる。

  酒と食6&7

酒と食8  酒と食9
多少酒が入っても講義の聴講は皆真面目?      本当に大丈夫?

文字とおり『酒と食のマッチング』を実践する講義内容で「醸造を楽しく学ぶ科」ならではの楽しく充実した時間でした。終了する頃には皆さんほろ酔い気分! 玉津島先生ありがとうございました。




[2018/01/22 20:29 ] | 実習
| ホーム | 次のページ>>

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。